まめ書架

読書、映画、ときどき音楽。あるいは芝居。

【番外】豆を煮るために料理本を探すはなし

(※Facebookより再掲)

年の瀬である。
おせちの季節である。
今年のおせちは、ちょっこし手作りするのである。

私がおせち作成を試みるのは初めてだし、ありふれた、作りやすいものにしようとおもう。
だし巻き卵、里芋、きんぴら…

しかし、問題は、黒豆である。
黒豆は、はずせない。たとえ私が豆的食材を煮たことがなかろうとも。
つやつやと黒いおまめさんがなければ、来る2015年をまめまめしく過ごせないではないか!!

そういうわけで、私のおまめさん大作戦をサポートしてくれる、心強い書籍を購入しました。

 

暮しの手帖社暮しの手帖のとっておきレシピ』

暮しの手帖のとっておきレシピ

暮しの手帖のとっておきレシピ

 

 

世間に料理本は数あれど、暮しの手帖社の提供してくれるレシピほど、良心的なものはないとおもいます。暮しの手帖では、レシピを世にだすまえに、実際に何度も試作をおこなっています。ご家庭の道具や食材でも再現可能で、おいしく作れて、写真解説付きでよくわかる、そんなレシピなのです。

おせちに特化した本もたくさんでていました。でも、おせち特化本だと年に一度しか使えないうえ、毎年新しい本が出てくるから、どれを選べばよいかわからない。基本の料理からきっちり載ってて、それでいて黒豆の煮方も載っているような都合のいい本を探していたところに、これです。

載っているのです、黒豆レシピが!

歳末の奇跡!!

喜び勇んで買って帰り、ためしに、から揚げをあげてみました。
揚げ物的料理も実は初めてやりましたが、んまかった。母が驚くほどに。
否応なしに高まる、おまめさん大作戦への期待!

※追伸:無事成功!!