まめ書架

読書、映画、ときどき音楽。あるいは芝居。

【映画】ジョージ・ミラー監督『マッドマックス2』

勢い余って

マッドマックス2

観ました。

 

マッドマックス2 [DVD]

マッドマックス2 [DVD]

 

 

これは、悪役が面白い。実に、面白い。

 

どいつもこいつもファンキーでクレイジー。鉄仮面とかかぶってる。正気じゃない。元警察官で今は”マッド”なマックスが、かなりまともにみえてくる。

文明崩壊後の砂漠のど真ん中、石油争奪のために血が流れまくっている極限状態のなか、ごちゃごちゃの装甲をくっつけた死ぬほど燃費が悪そうなでっかい車やバイクにまたがって、鎖振り回したり銃ぶっぱなしたりしているのだから、もうすごくまともじゃない感じがする。

大事な石油をそんなことに使っていいのか。

っていうかそれがしたいから石油がほしいのか。
(そういえば「ナウシカ」でも、図体ばっかりでかい飛行機で戦争していたな...。)

みんなこのクレイジーなところに惚れたのだろうな。

 

妻子をなくし復讐を果たし、砂漠を疾走するラストシーン(マッドマックス1)ののち、いろいろあって文明が滅んだらしい。冒頭でちょっぴり説明がなされるけれど、「よくわからない理由で2大国が戦争」したのが原因らしいので、たぶん冷戦なのだけれど、「よくわからない理由」で文明崩壊って、なかなかざっくりした説明ですてきじゃないか!

 

そういえば「ナウシカ」の”火の七日間”だって、わかったようなわからんような理由だし、「エヴァ」なんて”サードインパクト”どころか使徒が何者なのかよくわからん。文明崩壊後、というのは、車や飛行機や人造人間が活躍するための舞台でもあるのだな。(でも「ほんとに崩壊するようなことが起きたら、そんな呑気な映画は作ってられない」と言っていたのは宮崎駿だったか。)

 

セリフが少ないのも魅力的です。極限世界を生き延びるのに、ことばは邪魔。状況をことばで理解しているような奴は死んでしまう。最近のドラマや邦画って、「愛してる!」とか言い過ぎだとおもうんだけどなあ(「愛してる」ってことば自体には、愛はないわけで)

 

というわけで、この勢いで『マッドマックス3』も観てみたいわけですが、3はなんだか評判悪いらしいので、どうしようかな。最新作の主題歌(See You Again)がすてきだった『ワイルドスピード』シリーズでも観てみようかな。

 

なんてったってもうすぐシルバーウィークだしな。

 

ふんふーん。