読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ書架

読書、映画、ときどき音楽。あるいは芝居。

ビル・ストリックランド『あなたには夢があるー小さなアトリエから始まったスラム街の軌跡-』

2016年度私的映画ランキングを作れば3本指に収まるであろう映画『ズートピア』には、こんなセリフが登場します。

”世界がキツネのことを、ずるくて信用できないと決めつけるなら、なにをしても意味がない”

ズートピアでは、キツネはずるいから信用できない、肉食動物は乱暴者だ、という偏見が深く根付いています。主人公のひとり、キツネのニックはそのことを経験上熟知しており、ズートピアでは「キツネらしく」ずる賢い詐欺師として生きています。

彼とは対照的に、うさぎのジュディは周囲の声などものともせずに「警察官になる」という夢を実現させます。ジュディはニックに、こんなことを言います。

”私に何ができて何ができないかは私の問題よ!それにあなたみたいに努力もしないで、アイスキャンデーを騙して売ってる詐欺師が偉そうに言わないで”

”ヘマする私を見れば自分のみじめな人生を忘れられる?!”

...ここだけ抜き出したら、ディズニーの主人公らしからぬ酷いセリフだなあ。それはともかく、おそらく、映画冒頭のジュディはこう考えています。

「努力すれば夢は叶う(Anyone can be anything)」
「でも、努力しなかったからあなたは詐欺師に甘んじている」
「あなたの生き方は(わたしよりずっと)みじめだ」

さて、どうだろう。ニックは努力をしなかったのか。叶えたい夢はなかったのか。ジュディの「みじめなあなたの人生」という台詞は「キツネで詐欺師のあなたの人生は私よりずっとみじめだ」という決めつけで、「そうあるべきだ」という願望すら含まれていたかもしれません。

だいぶ前フリがながくなりましたが、今日読み終えた本ではこういう事が書かれています。

”私たちはだれもが、夢をかなえる力を秘めている。その力が発揮できない最大の要因は、その夢は非現実的だ、手が届かない、と自分で思い込むこと、あるいは人から思い込まされることだ"(ビル・ストリックランド『あなたには夢があるー小さなアトリエから始まったスラム街の軌跡-』2008年、P.21)

あなたには夢がある 小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡

あなたには夢がある 小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡

じぶんは貧乏だから、薄汚れた町のほこりまみれの部屋で十分だ、と思う必要はない。貧乏だろうと何だろうと、きれいな部屋に住みたい、心地よい音楽を聴いていたい、美しい花を見ていたい、好きなものに囲まれて暮らしたい、誰だってそうしたい。貧乏や住んでいる場所を理由にしてその夢をあきらめる必要はないし、あなたがそう思うのをとめる権利はだれにもない。

でも、汚い場所にいて気が荒むのは当たり前だ。そんな場所ではまっとうな夢が(たとえば、居心地よく暮らしたいというようなことでも)抱けないのは当たり前だ。そういうわけで、著者は、スラム街に噴水を、上等なカメラを、陶芸用のろくろを、ランの花を育てる温室を、料理教室を、ジャズ・ホールを作ります。ひとは他人に期待されることで、なにものかに、「はたをらくにする」存在になれる。貧乏人らしくではなく、意思を持ち目標を持った人として生きられる――。もちろん、誰にでも当てはまるわけではないようですが、著者の取り組みはアメリカのスラム街でおおきな成果を上げているそうです。

映画のジュディとニックに起こる劇的な転回はなくても、著者のようにすごいことができなくても、自分の居場所を少しだけ心地よくすることなら私にもできそうです。

そんなふうに人生の一瞬を心地よく過ごすことが、”世界をよりよく”する。

あー、いい本読んだなあ。