まめ書架

読書、映画、ときどき音楽。あるいは芝居。

ギャレス・エドワーズ監督 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

ギャレェェェェェェェェス!!!


ギャレェェェェェェェェス!!!

 

ギャレス・エドワーズ監督
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

 

 

アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

 

 

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

 

 

この世界の片隅でギャレスへの愛を叫びたい私!


以下、叫んだ結果、ネタバレはないですがめちゃめちゃ長くなりました。

誰もが知る『スターウォーズ』シリーズは、銀河帝国の歴史を描く壮大な物語です。『エピソードXX』と名付けられた”正史”に対して、『ローグワン』は”外伝”という位置づけ。「ep4(※SWシリーズ公開第一作目)の10分前までの物語」が描かれています。外伝扱いにはなっていますが、ストーリー的には正史と地続きになっており、「ep4」で説明されていなかった物語が語られるので、一部では「ep3.9」と言われたりもしています。

 さてその「ep3.9」を撮ったひとが、ギャレス・エドワーズ。 低予算怪獣映画の傑作『モンスターズ/地球外生命体』や、あのハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』を撮った人で、どっちも見てもらえると分かるんですが、どっちもすごく面白い映画です。

 ちょっとだけ、その話をします。
SWシリーズと同じく、「超有名作品で、(怒らせたらめんどくさい)熱狂的なファンがいる映画の新作」という条件で撮影された『GODZILLA ゴジラ』と突き合わせると、『ローグワン』の面白さにも迫れる気がします。

ギャレス版ゴジラ(通称ギャレゴジ)を見たとき、私は「これを超えるゴジラは撮れないんじゃないか」とおもいました。結果的に邦画ゴジラの最新作『シン・ゴジラ』が斜め右上にすっとぶ形で凌駕してくれましたが、それほどギャレゴジはかっこよかったのです。ゴジラ映画のなんたるかを知り尽くした監督が撮るゴジラ。マグロ食ってる巨大イグアナとはわけが違いました(あれはあれで面白いんですけどね。ゴジラとさえ名乗ってなければ。)

ギャレゴジには、「核兵器使用の是非」を問わせたシーンがありました。広島の原爆投下時刻に針がとまった時計を見せて、日本の科学者がアメリカの軍人に対し原爆の利用を諫める、というほんの数十秒のシーン。アメリカの資本で撮られた映画で、原爆投下について触れることは、映画の興行成績に影響を及ぼす恐れすらあるにもかかわらず、です。

ゴジラは核廃棄物から誕生した生物です。根底には「核を使う人間への怒り」が込められていて、だからゴジラは、核の恐怖を忘れた大都市を襲います。監督は、そのことをよく知っているから、あのワンシーンが生まれたのだとおもいます。

さて、では『ローグワン』です。 観た直後の感想は、
「ああそうか、これがスター・ウォーズだったのか」
でした。  今年の初めに、「正史」の最新作『ep7.フォースの覚醒』(監督は『アルマゲドン』のJ.J.エイブラムス)を観たとき、わたしは「そうそう、これがスター・ウォーズだよね」と思いました。ep4~6のオマージュが大量に込められた、スター・ウォーズのおいしいところがてんこ盛りになった映画でした。

「正史」の作品群では、主人公たちの動向には関係なく、「だれかが撃たれて、近くにいた友人が慟哭する」みたいなシーンがたまに映ります。「外伝」の『ローグワン』は、そのワンシーンにめいっぱいフォーカスしたような映画でした。

主要キャラクターは全員「正史」には一切絡んできません。英雄もいない。ジェダイがいないので誰もフォースを使わない。でも、当たり前ですが、「正史」の影には彼らのような「rogue(=ならず者)」達がたくさんいた。主人公たちが人間離れした活躍を繰り広げているとき、爆風に焼かれ、胸を撃ち抜かれ、友を殺された名もなき者たち。

ハリウッド資本のゴジラ映画から「原爆」を抜かなかった監督は、スペース・オペラ超大作のスター・ウォーズで「戦争」を描いた気がします。SW正史では大きく描かれない、名もなき愛すべきならず者たちの、おびただしい、時に無意味にも見えるほどに呆気ない死。

 『ローグワン』全編にわたって何度も繰り返されるテーマは、「メッセージを次のひとへと託すこと」でした。父はパイロットにメッセージを託す。メッセージを受け取った子は協力者へ届ける。協力者たちはさらにその協力者へ――そして数えきれないほどの犠牲を出しながら、メッセージはしかるべき者のところへと届けられる。

帝国の旗がひるがえろうと、見えないフリをすればいい。


――でも何かがおかしい。間違っている。


何かが変われば、この世はもっと、自分はもっと、よりよくなるはずだ。

彼らの命がけのバトンリレーの根底には常に「希望」があります。よりよき世の中への希望でもあるし、自分達が死んでも、メッセージを託した次の誰かへの、新しい世界に届けてほしいという切なる願いなのだとおもいます。支配者は彼らを「反乱軍」や「ならず者」と呼ぶ。でも彼ら自身は「革命軍」や「レジスタンス」と名乗るのです。

彼らのあいだには、たとえ自分が死んだとしても、誰かに受け継がれてゆく大儀がある。

という、しちめんどくさい話はおいといて、ですね。

SWのすばらしさを知り尽くした監督だからこそ、唯一にして最高のライトセーバーの使い方ができたとおもいます。閉鎖空間の暗闇で光る赤いライトセーバー。絶望的なシーンだったけれど、あれほんッッと、かっこよかった。あと、ハイパースペースを経て出現する機体のかっこよさはシリーズ中一番だった。

総括すると、

「そういえばep.3~4の間ってジェダイいないじゃん!どうすんだ!」

と考える間もなく終わった二時間半でした。  


ありがとうギャレス...