読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめ書架

読書、映画、ときどき音楽。あるいは芝居。

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』

姿を見るとぼーっとする。何度も声を思い出す。
一緒に飲んだラムネの味を忘れられない。

そういうものを全部ひっくるめて「あのひとが好き」だというのなら、「好き」とは何と頼りないのだろう。

 

森見登美彦夜は短し歩けよ乙女』(2006年、角川書店

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
 

 

ところで、むかしよく見たドラマでは、物語も中盤を過ぎれば、おもいあう男女はその「おもい」自体に疑問を抱いたりしなかった。自分は彼/彼女が好きだ。それが、第三者(恋敵、社会的圧力など)の介入により、かんたんには「好き」でいられなくなる。その結果、さらに「好き」になっていく。

 

好きさ加減が勢いあまって、電車と並走して坂道駆け上ったりしちゃう。

すげーなあ、恋。

 

でも、最近のドラマは少し違ってきたらしい。社会現象にもなった『逃げ恥』では、男女は既に『結婚』している。むかしのドラマでは、結婚とは「好き」あったもの同士がおこなうべきものだったはずなのだけれど、そうではなくなっているらしい(※観てない)

『逃げ恥』しかり、『夜は短し~』しかり、何度も繰り返される問いとは、

 

「わたしのこれは、恋だろうか?」

 

なにをしたら「恋」なのか。肉体が科学的にどういう状態になったら「恋してる」と呼んでいいのか。よく知られているように、そこには答えがない。なんかそういう気分、としか言いようがない。だから、『夜は短し~』の先輩は怯えている。自分が「彼女」を好きだったのは、勘違いだったのかもしれない。妄想だったのかもしれない。これは恋ではなかったかもしれない、と。

 

小説を読むのは「紙についたちっちゃいインクの染みを眺めているだけ」だし、映画を見るのは「白い幕のうえで光の粒が動いているのを見ているだけ」だ。全部、自分が勝手に物語として受け止めただけ――
でも、それでも、”ここで出遭った”ことだけを頼りに、ありもしない赤い糸の綱渡りを一歩踏み出す。だって、そうすることでしか、自分以外の”他者”とかかわることはできない。

 

普通の星の下に生まれ 普通の星の下を歩き

普通の町で君と出会って 特別な恋をする

(byブルーハーツ

 

出遭った君も普通の人だし、自分だってそうだし、別に自分たちでなくてもよかった、いくらでも置き換えは可能なのだという予感におびえながら、「でも、それでも」ともごもごするから、『先輩』の片思いは愛おしいのだとおもう。