まめ書架

読書、映画、赤子に翻弄される日々のことなど。

虐待のニュースをみて考えたこと

 

まず、結論から言うと、Twitterでみかけた「虐待をした親が一番悪いはずなのに、なんでも現政権の批判材料にしたがるのはどうかとおもう」という趣旨の文章が許せなかった。

それは、政権批判をする人を批判したいがために、今回の事件を利用しているだけではないか。こういう批判の仕方、「批判する行為そのものへの批判」は、自分のことばももたないくせに、ちょっと斜めからモノを言いたいだけの人がすることではないのか。

本当に批判したいなら、虐待を政治のせいにすることがどういう点でおかしいといえるのか、具体的に挙げるべきではないのか。

私は、どちらかというと、「虐待は社会的な問題」と考えている。社会がこれほど不寛容になってしまったのは、積もり積もった政策の、慣れの果てでもあるとおもう。そうなると、政策を打ち立てたのは3年しか政権を握れなかった民主党よりも、自民党のほうなのだろう。民主党がいい政策をとっていたとも思わないけど、単純に、社会の空気を醸造するのには3年じゃ足りなさすぎる。だから、自民党が批判されうるのもまぁ納得する。

ただ、今回の虐待事件を受けて、現政権批判をしているまとまった文章を見たことがないので、この「現政権批判をするな」という批判自体、的外れな可能性がある、ともおもっている。

 

まあ、そこはどうでもいい。

 

以下からは、「虐待は社会的な事象である」ということについて、私なりに考えたことを書いてみる。

そもそも私は私自身の意思の強さをあんまり信用していない。私が「こうしたい」とおもってやっていることは、この世界の”何か”に、「そうしなければならない」とおもわされていることのほうが多いと思っている。

 

我が子を虐待するような人たちが、人の心をもたない極悪人なのではないのだろう。ただ、彼らは、こう考えたはずだ。

 

「子どももスリムな体型がかっこいい」

「小さい時から字が書けた方がいい」

「親のいう事を聞くほうがいい」

「電車の中では静かなほうがいい」

「遊ばず勉強する子のほうがいい」

「お手伝いをよくするほうがいい」

 

上記に挙げたものは全部、今後私もおこなうであろう”我が子へのしつけ”と、すごく隣接している。

糖尿病は「デブで不摂生な人の病気」であり、肺がんは「タバコをばかすか吸った報い」である、とみなされがちなように、親のいうことをきかない子どもの存在は「教育の失敗」とみなされる。

本屋に行けば、いかにすれば教育に「成功」できるかについて書かれた本が並んでいる。この世界の”何か”は、親の教育の「成功」をもとめている。彼らはそのことを必要以上に内面化してしまった。しかも、彼らはある程度、子どもの教育には「成功」したのだとおもう。死んでしまったあの子は、親のいう事をよく聞き、ひらがなも書けて、意思表示のために文章を組み立てて長い手紙を書ける、とてつもなく「いい子」だったのだから。

 

私は「彼らのようはなりたくない」とおもっている。でも、どういうことがきっかけで、私が新たな「彼ら」になるかもわからない。可能性がないとはいえない。もし、そうなってしまったとき、やめようとおもってやめられるだろうか。これはよくないことだと思えるだろうか。この世界の”何か”からの要請は、私の意思よりずっと強い。

 

この世界の”何か”とは、電車の中で泣き叫ぶ子どもの側でなすすべもなくただ立っている親への冷たいまなざしに代表されるものだとおもう。泣き叫ぶ子の傍らに立つ親は、すまなそうにするしぐさを求められている。「私の教育が至らないせいで皆々様にご迷惑をおかけしまして」と社会にむけて頭をたれるのが、まっとうな親の姿だと思われている。優秀な親じゃなくてもいいさ、とおもえるだろうか。電車の中で向けられる冷たい視線、Twitterに飛び交う罵詈雑言、そういうものを全く気にせずにいられるだろうか。わたしは頭を垂れる側だとおもう。でもそれは「まっとう」なのか? それが「まっとう」だとはおもいたくない。

 

社会のせいだとか、政治が悪いとか、短絡的に言うつもりはない。

社会の不寛容は想像力の欠如が生む。親の責任だというのは簡単だ。でも、虐待という事象には、個人の意思よりも、もっとずっと社会的なものが絡んでいる。「すぐに社会や政治のせいにするな」と言う人は、あまりにも想像力がなさ過ぎる。

 

私は、子どもがスーパーで暴れてようが、「おーおー、暴れておるわ」と大目にみてくれる社会ならばありがたいとおもう。もちろん、商品ひっくり返すとか盗むとかしたら怒らなくてはいけないけれど(器物損壊で窃盗という名の犯罪だからだ)子どもが子ども的に泣いたりわめいたりする分には、子どものうちしかできないのだから別にいいんじゃないの、と思ってくれたらいいのにな、とおもう。子どもが泣き止まないのは子どもの都合で、私のせいではないと思えたら、私のようなプレ親はじめ、たくさんのまっとうなおとなは楽になるだろうにな、とおもう。