まめ書架

読書、映画、赤子に翻弄される日々のことなど。

【0歳2か月】授乳と授乳のあいだ

「3ヶ月経てば楽になる」

と、いろんなところで聞きました。

 

うちの赤子も生誕3ヶ月に差し掛かろうとしていますが、ほんとうに心持ち、楽になったと感じています。

 

というのも、

「授乳間隔が3時間おきになった」

ことに尽きる!!!

 

新生児は1日に8回ミルクを飲みます。この数字はあくまで「最低ライン」で、特に母乳育児の場合は12回を軽く超えます。

生まれたての赤子はおっぱい飲むのもげっぷするのもへたくそで、1回の授乳にかかる時間は最低30分~1時間。授乳間隔は授乳の「開始」時刻からカウントするため、おっぱいをしまって1時間経たずにまた次の授乳、という事態が頻発します。ミルクとの混合の場合、ここからさらに哺乳瓶消毒と粉ミルク調合の時間が削られます。

 

わたしは最初の1ヶ月、もうおっぱい出しっぱなしでいいんじゃないかな、って本気でおもいました。だがそういうわけにもいかない。

それか赤子をおっぱいにぶら下げとくホルダーがあれば買おうとおもいました。だがそんなものはない。

 

で、赤子がおっぱい吸うのにも慣れて、胃の容量が増えて飲み貯めができるようになり、授乳の間隔が一定になるのに、3ヶ月かかるとおもわれます(※個体差有り)

3時間あけば、次の授乳まで2時間半程度のフリータイムが生まれます。美容室にもいけるし、車でちょっとした遠出だって可能です。授乳設備とオムツ台さえあれば、百貨店だのショッピングセンターだのに車で出かけられます。

 

すごーい!たーのしー!(我々が)

 

「子は勝手に育つので、親はゴキゲンに過ごすこと」

とは、オットーの母上の名言です。

赤子が疲れない程度に、ちょっとずつ、あちこち行けたらいいなとおもいます。